ユーザーとのつながり強化しましょう!
Make relationships Positive

御社サイトにアクセスしてきたユーザー→見込み顧客が、
どういった導線で、どれくらいのページ数を、どれくらいの時間閲覧したのか?

実際にご存じですか??

また、初回のアクセスから、一定期間後にアクセスしてくる。
こういったユーザーは、とても濃度の高い見込み顧客です。

こういった濃度の高い見込み顧客にするのは、
御社のホームページの内容(コンテンツ)なのです。

ホームページを御社パンフレットと捉える方もいらっしゃいますが、パンフレットでは御社の日々の活動などの紹介はできません。当然、動画やSNS的な双方向なアクションには不向きです。また、自画自賛的なコンテンツにする、これは逆に評価を落とすアクションですが、きれいに見やすい写真を掲載する、しかも、定期的に追加される、みなさんの声でコメント発信する、こういったコンテンツ(+運営)はユーザーを見込み顧客へとつながり強化されます。

 

ユーザーに好印象を与える(1):ホームページ制作

工務店さんのサイトをみていて、気になるのは、いまだにスマートフォンに正しく対応できていないケースがあることです。想定する顧客はすべてスマートフォンもしくはタブレットで御社ホームページにアクセスをしています。さらに、掲載される写真が傾いている、歪んでいる、露出(撮影時の明るさ調整)がくらい、など、ユーザーといい関係が構築できるとは思えないケースがたくさんあります。

運営している方は気にならなくても、アクセスしてきたユーザーからすれば、こんな傾いた家、色のおかしな壁のリビング、を創る会社なのではと少しでも感じてしまったら、とても前向きな関係は構築できません。

ホームページ制作:WordPressで運営更新がしやすい仕組み
スマートフォン正しく対応、SSL+リダイレクト装備、WordPressセキュリティ対応、スマホでのコンバージョンボタン、ほか

 

ユーザーに好印象を与える(2):画像を最適化します

工務店さんのサイトで使用される写真、本当に惜しい写真が多いのです。私たちがそう指摘(?)しますと、必ず「私がスマートフォンで撮影したんです」といわれます。あなたを責めているのではないのです。さらに言えばスマートフォンでもかなり充分なクオリティで撮影ができる時代なのです。ポイントは、フレーミング以前の画像をベストにする、つまり、ユーザーが見ていいなと感じられるレベルに仕上げる。この点のコツみたいなところをつかめればかなり改善できます。フリーのアプリケーションでも充分に実行できます。

Xperiaで撮影、色味の調整が必要、若干の階調がけも、でも使える。

さらに画像は、ホームページを表示させる際のスムーズな表示(快適なスピードで表示)のために重要な要素です。つまり、画像が最適な型式でない、必要以上に巨大なサイズ(Webでの使用に際して特にデジカメでもスマートフォンでも大きすぎるのです)、といったケースがとても多いのです。通常の閲覧(サイトをみること)では、気がつかないのですが、通信環境が弱い時間帯や場所では、とても気になりますし、最適な型式やサイズであれば、最適なスピードで表示され、ユーザーに抵抗感なくご覧いただく事がてきます。

画像を最適にする
御社ホームページにマッチした画像サイズ・型式最適化、明るさ、傾き調整にしてお渡しします。

 

 

ホーページ更新で疲れていませんか?:Webサポート

いい感じのデザインでホームページができた!プロが撮影した写真が掲載されている!しかし、このままでは、御社のホームページは、なんとなく元のホームページのようになってしまいます。運営社の声で訴求するホームページ運営が重要なのです。難易度の高い技術的なハードルも時間的なハードルも解消します。DtA Webサポートを活用ください。画像の最適化も可能ですし、タイムチケットも発行していますので追加作業もリーブナブル対応します。

 

ホームページ運営をお手伝い
御社ホームページの更新や運営のいろいろに対応します。